家相はきになります

家相占いとは、家の位置や向き、構造・間取りから吉凶を見るものです。基本的に、九星気学で判断する占いのことをいいます。
家相占いは、風水の一種といわれています。風水は、古代中国の思想で、都市や住居・建物、墓などの位置を決定するために用いられてきたものです。
「風」をあやつり「気の流れ」を物の位置で制御することで、運気を上げるという
ものです。家相占いは、風水の中でも特に住宅の間取りや方位を最も重要視した占いです。
良い家相とは、住む人を病気にさせない家づくりの知恵です。
家相が悪ければ、後継ぎが生まれない(男子または女子または両方)・病災が絶えない・何回も事故に遭う・嫁いだ娘が離婚し出戻る・金銭トラブル・一家離散・など、様々な災難が次々と起こります。
しかし、家相が良ければ全てにおいて順風満帆に進み、動産・不動産を入手したり、
金運も益々上昇したり、健康で長生きしたり、嫁いだ娘たちにも良い影響を与えたりします。
家相占いの基本は「張り」と「欠け」です。家を建築する際に、長方形の家が理想ですが、最近の家はデザインの凝った物が多く、複雑な外観になってしまい、どこかに出っ張ったところや、引っ込んだところが出てきます。この、出っ張ったところを「張り」、引っ込んだところを「欠け」といいます。占いでは、一般的に「張り」は吉相、「欠け」は凶相となり、住んでいる人に影響を与えるといいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。